鐘崎のこだわり PHILOSOPHY

化学調味料に頼らず、
自然の素材でつくりました。
魚本来のうまみが際立つ、
体にやさしい笹かまぼこです。

1.原材料となるすり身へのこだわり

  • すり身の調達にあたっては、その質を厳しく見極めるため、職人自ら世界各地に足を運び、吟味しています。 鐘崎の職人達は、現地工場をくまなく視察し、工場で働く方と直接情報交換を行うなど、より安全で質の高いすり身を調達する努力を惜しみません。 選定した現地メーカーには、鐘崎専用の原料を使用した高品質なすり身の製造を依頼することで、他社には真似のできないかまぼこの品質を実現しています。

  • 原材料となるすり身へのこだわり

2.味へのこだわり

  • 味へのこだわり
  • 鐘崎が目指すのは、より自然に近い、体にやさしい笹かまぼこです。そのためには、余計な味付けは必要ないと考えています。 鐘崎では、魚本来のうま味や風味を活かすため、シンプルな味付けを心がけています。

3.厚みへのこだわり

  • 厳選された原料でつくる高品質なすり身と、シンプルな味付けにより引き出された魚本来のうま味。これらの魅力を最大限に表現するためにたどり着いたのが、この「厚み」でした。 鐘崎の笹かまぼこの特徴である、ぷっくらやわらかな食感は、こだわりの「厚み」から生まれています。

  • 原材料となるすり身へのこだわり

4.保存料無添加へのこだわり

  • 味へのこだわり
  • より自然で、体にやさしい笹かまぼこづくりを目指す鐘崎では、平成27年にFSSC22000を取得。厳しい衛生管理のもと、笹かまぼこをつくっています。 たとえば原材料のすり身については、現地工場視察時に工場内外の管理状況の厳しいチェックはもとより、自社工場における日々の衛生管理、品質管理についても徹底しています。 このような徹底した衛生管理により、保存料を使用しない笹かまぼこを実現することができました。

5.でんぷん無添加へのこだわり

  • 一般的なかまぼこには、かさ増しや弾力補強を目的として、でんぷんが使用されています。 鐘崎では、魚本来の弾力やおいしさを追求するために、従来の製造方法を見直し、でんぷんを使用しない製法を確立しました。 でんぷんに頼らないことで、ほどよい弾力と魚本来のうま味が活きる笹かまぼこを実現しました。

  • 原材料となるすり身へのこだわり

6.味へのこだわり

  • 味へのこだわり
  • かまぼこには艶出し・照り・弾力補強の役割を持たせるために、一般的に卵白が使用されています。 しかし鐘崎では、魚本来の良さを生かすために、卵白無添加の笹かまぼこづくりに挑戦。全ての工程を見直すことで、卵白を使用しない笹かまぼこをつくり上げました。 卵白無添加の笹かまぼこには、魚本来の弾力とうま味を楽しめるほか、卵アレルギーがあるお客様にも安心してお召し上がりいただけるというメリットがあります。

7.水へのこだわり

  • 水は、かまぼこづくりには欠かせない素材です。鐘崎では、特殊な装置を用いて水質を高め、飲んだ人が「心からおいしい」と実感できる水を使用しています。
    すり身の力をうまく引き出すこの水は、鐘崎ならではの「ぷっくら」とした食感を支える、重要な素材となっています。

    • 水については、1カ月に1度装置のメンテナンスを行うなど、常時高い水質を維持できるよう努めています。また、メンテナンスに関しては、実施者を限定し、安全な管理を徹底しています。
  • 原材料となるすり身へのこだわり

8.天然調味料へのこだわり

  • 味へのこだわり
  • 鐘崎では、より自然で、体にやさしい笹かまぼこを実現するため、独自に開発した天然調味料を使用しています。 使用しているのは、真鯛、グチ、エソといった白身魚のうま味を凝縮してブレンドした独自の魚介エキスや、高級魚・吉次でつくった「吉次魚醤」など。 化学調味料に頼ることなく、魚のうま味や風味を活かし、自然な味わいの笹かまぼこを実現しました。