鐘崎の笹かまぼこ

会社案内 COMPANY PROFILE

  • 企業理念「おいしさ楽しく」
  • 経営理念「今日も一日」

会社概要

商号 株式会社 鐘崎  KANEZAKI Co., Ltd.
本社所在地 宮城県仙台市若林区鶴代町6-65
代表者 代表取締役社長 嘉藤 明美
創業 昭和22年2月10日
直営店 かまぼこの国 笹かま館、一番町店、東仙台店、西多賀店、銘品街道店、鹿島台SC店
その他主なテナント店 鐘崎屋、青葉城本丸会館売店、三越仙台店、藤崎店、キヨスク売店、仙台駅JR売店、エスパル店、東京大丸店 ほか

沿革

昭和20年(1945年)11月
創業者・吉田勇と妻キクヨ 仙台駅前の広場で露天商を始める
昭和22年(1947年)2月
仙台市東八番丁に「合資会社 鐘崎屋」創業
昭和25年(1950年)6月
仙台市東七番丁に工場を新築
昭和32年(1957年)11月
「鐘崎スーパー」開店
昭和44年(1969年)5月
商号を「株式会社 鐘崎屋」に変更
昭和47年(1972年)6月
漫画家・おおば比呂司氏のイラストを包装紙に採用
昭和53年(1978年)10月
一番町本店 開店
昭和55年(1980年)5月
仙台市東部工場団地に工場が落成(現本社工場)
昭和56年(1981年)8月
「いぶり笹」誕生
平成元年(1989年)10月
本社工場隣接地に「笹かま館」オープン
平成5年(1993年)12月
「鐘崎揚げ」誕生
平成6年(1994年)11月
「大漁旗」(当時100g)誕生
平成7年(1995年)5月
新含気調理食品「おでん坊」誕生
平成9年(1997年)11月
宮城県黒川郡に大和工場建設
平成14年(2002年)7月
「大漁小町」誕生
平成14年(2002年)11月
自社製品を合成保存料・ソルビン酸無添加とする
平成15年(2003年)7月
笹かま館に「グルメサーカス食品館」を新設
平成15年(2003年)10月
お土産用「炭火焼き牛たん」製品誕生
平成17年(2003年)4月
笹かま館に「七夕館」「かまぼこ塾」を新設
平成17年(2005年)5月
笹かまぼこメーカー初のHACCP認証取得 笹かまぼこ製品をでんぷん無添加とする
平成20年(2008年)9月
厚みにこだわり、主力製品をリニューアル「ぷっくら」のキャッチコピーでPR
平成22年(2010年)5月
牛たん製品のブランド「牛たん かねざき」誕生
平成22年(2010年)11月
笹かまぼこ製品を卵白無添加とする
平成23年(2011年)3月
東日本大震災 本社工場沿岸部店舗が被災 約1か月で復旧
平成24年(2012年)11月
笹かま館、「かまぼこの国 笹かま館」にリニューアル
平成25年(2013年)11月
和惣菜ブランド「杜のこんだて 鐘崎」誕生
平成26年(2014年)11月
「大漁旗」をリニューアル 化学調味料無添加とする
平成27年(2015年)4月
「季節の笹かまぼこ」シリーズ誕生
平成27年(2015年)8月
「大漁旗10枚入り」が経済産業省「The Wonder500」に認定
平成27年(2015年)10月
「かねささ」誕生
平成27年(2015年)11月
本社工場、大和工場 FSSC22000認証取得
平成28年(2016年)3月
吉田久剛が代表取締役会長に就任 嘉藤明美が代表取締役社長に就任
平成28年(2016年)3月
「鐘崎屋」仙台エスパル東館にオープン
平成28年(2016年)6月
全ての笹かまぼこ製品を化学調味料無添加とする
平成29年(2017年)2月
創立70周年